ChestCommands-チュートリアル

>

メニューの作成

  • フォルダ構造 /plugins/ChestCommands/menu/
  • メモ帳で開くことで使用できます。

新しいメニューの作成について

かんたんな方法: コピーして、既存のメニューを貼り付け、設定を変更し、追加/編集/アイテムを削除します。

メニューの設定方法

You can find these settings in the top part of the menu YML file, under the config section “menu-settings”.

name: ‘&1メニュー名’ (必須) 
ここがメニューの名前になります。&1と書くことで色文字を使用出来ます。必ず’ このなかにメニューの名前  ’を書きましょう。

rows: 6 (必須) 
メニューを表示する行数です。

command: ‘menu’ (オプション) 
このメニューを開くことができるコマンドを設定します。

auto-refresh: 5 (オプション) 
メニューを自動で更新します(単位:秒) ※アイテムの表示に変数がある場合に有効です

open-with-item: (オプション) 
    id: ‘wool:1’ – このメニューを開くために使用するアイテムIDを記載します。 必須.
    right-click: true – 上記のアイテムオプションを使用する場合は、右クリックで開くように設定します。
    left-click: false – 上記のアイテムオプションを使用する場合は、左クリックで開くように設定します。

メニューアイテム

メニュー名にはカラーコードや記号の使用は厳禁です。また、他のメニュー名と重複しないように作成して下さい。

spawn-item:                 ・・・ メニューの設定名(ゲーム内には非表示)
    ID: bed                           ・・・ アイテムID(log:3などの表記もOK)
    COMMAND: ‘spawn’  ・・・ スポーンコマンドをセット。
    NAME: ‘&aスポーンコマンドを実行します。’  ・・・ スポーンコマンドを設定します。というアイテム名にする。
    LORE:
       – ‘解説1行目’  ・・・ アイテムの解説
       – ‘解説2行目’
    POSITION-X: 1  ・・・ インベントリ配置の横軸
    POSITION-Y: 1  ・・・ インベントリ配置の縦軸

 

サイト内検索